ルテインの効果とメリット

ルテインとは、強い抗酸化作用を持つカルテノイドの一種になります。人間の体内にも存在している成分で、乳房や子宮頚部に多く存在します。また、眼球の水晶体と黄斑部に存在しており目が正常に機能するために重要な働きをしているとされています。

 

ルテインは、光を遮る役割などがあるため目では特に活躍しています。細胞が光によって酸化ダメージを受けた場合にも、抗酸化作用によってこれを防ぐなどの働きをしているのです。つまり、光を遮りダメージを防止することによる二十ブロックとも言えるのです。

 

また、青い光を吸収する性質も持つため、人の害となる蛍光灯やパソコン、携帯電話やゲームなどの青い光も吸収します。このような働きがあるため、ルテインが不足してしまうと眼球の水晶体部分が白内障、黄斑部では加齢黄斑変性症などの目の疾患のリスクが高まることが実証されています。

 

加齢とともに起こるとされてきたこれらの病気ですが、現在では若年層でも起こりうる疾患といわれています。現代に多くなった目にダメージを与える青い光や栄養不足を呼ぶ偏った食生活、ストレスなどによって目の病気のリスクが高くなってきているとされているのです。

 

このような目の疾患のリスクを下げるためには、ルテインをしっかりと摂取することが重要となります。

 

しっかりと摂取するには、ルテインを多く含んだ食品を摂取することが必要です。カルテノイドは緑黄色野菜に多く含まれている成分になります。つまり、緑黄色野菜であるケールやほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれているのです。

 

熱にも強い栄養素のため煮たり焼いたりしても損なわれることがないため、日頃の食事に取り入れやすい成分となっています。特に多く含んでいるのはケールですが、苦みが強い野菜のため食材には適さないため、おすすめなのがほうれん草などになります。また、油と一緒に摂ることによって吸収率が高まるため油などで炒めて食べることによって効果を高めることができるのです。

 

毎日ほうれん草では飽きてしまう、という場合にはケールの入った青汁やサプリメントを利用することも効率よく摂取することのできる方法のひとつになります。このように緑黄色野菜の摂取に積極的な人は、白内障などの目の病気にかかるリスクが低いことも報告されています。

 

現在の食生活は、肉類や乳製品などの高脂肪の食品を多く摂る欧米型の食生活へと変化しています。しかし、それでは野菜不足や脂質の過剰摂取などの栄養の偏りが出てきてしまうのです。そのため、肥満や生活習慣病などへと繋がり、結果目の病気のリスクも高くなってきているとも考えられています。

 

また、喫煙や運動不足、過労やストレスなどの生活習慣もルテインの吸収の妨げとなっているのです。食事による不足に加えて生活習慣による栄養吸収の妨害まであるため体全体が不足状態になっています。このため、不足を解消するためには喫煙を控え、ストレスなどを解消し、意識して緑黄色野菜を摂取することが大切です。

リンク集